アトピーとステロイド

アトピーの問題をより複雑にしているのにステロイドという薬があります。

ステロイドはとてもよく効く薬です。
副腎皮質ホルモンという物質でできていて、これを塗れば普通のアトピーは3日ぐらいで治ってしまいます。
特に最初はよく効きます。

しかしその状態を続けるにはステロイドを塗り続けなければいけません。

体には耐性という自分を守る働きがあって、薬を塗り続けると体が薬に慣れてきてしまいます。そしてだんだん薬が効かなくなってしまいます。

そうするとステロイドをより強いものに代えて塗り続けることになります。

薬が強くなるだけ実際の症状はひどくなってしまいます。

アトピーの薬として処方されるステロイドやプロトピックはあくまでも対症療法と呼ばれるもので根本から病気を治せる薬ではありません。

病気や怪我を治すのは薬や病院の先生ではなく、人間が生まれつきもっている自分で治ろうとする力です。それを自然治癒力と呼んでいます。

アトピーを治すためにはまずこのことをしっかりと頭にいれておきましょう。

最近アトピー性皮膚炎が非常に増えているわけですが、実はこのステロイドの乱用が原因だと思われるケースが大半を占めているように思われます。

症状の最初はアトピーではなく、かぶれや湿疹などの軽い症状だったケースが多いのではないでしょうか。

強い薬などを使わずに自然治癒力をうまく働かせてあげればほとんどの症状は消えてしまったことでしょう。

病院に行って安易に処方されるステロイドを何も知らずに塗り続けることで自然治癒力が働くチャンスがなくなってしまい、いつの間にか本格的なアトピーになってしまった人がとても多いようです。

アトピー性皮膚炎には真性のアトピー以外に擬似的アトピー、薬害によるアトピー性皮膚炎が存在するのです。

アトピーを治すためにはまず薬に頼らず、自然治癒力を最大限に引き出す方法を考えなければいけません。